記事 ID: 000084621 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2012/11/16

5AGXFB3HF40 デバイスを搭載したArria V GX FPGA開発キットのピン H38 と H39 が GND に接続されていない問題ですか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

5AGXFB3HF40 デバイスを搭載したArria® V GX FPGA開発キットのピン H38 および H39 が GND に接続されていない場合でも問題はありません。 Quartus® II ピン・プランナーおよびピンアウト・ファイルによると、ピン H38 および H39 は GND に接続する必要があります。

5AGXFB3HF40 デバイスは、ピン H38 および H39 上の HSSI チャネルをサポートしません。このパッケージ・オプションでは、Arria V デバイスの異なる密度でサポートされています。 これらは、5AGXFB3HF40 デバイスと 5AGXFB3HF40 デバイスと 5AGXFB7KF40 デバイスのデバイス移行をサポートする GND 接続として表示されます。H38 および H39 が GND ピンとして表示される理由は、デバイスの移行使用時にこれらのピンがフローティングしないようにするためです。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

Arria® V GX FPGA

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。