記事 ID: 000084326 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2015/01/26

CFI フラッシュ・プログラマー・オブジェクト・ファイル (.pof) をロー・バイナリー・ファイル (.rbf) に変換することは可能ですか? CFI フラッシュメモリーを外部 CPU またはフラッシュ ROM ライターでプログラミングする必要があるが、パラレル・フラッシュ・ローダー (PFL) では変換できませんか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

はい。PFL 向け CFI フラッシュメモリー .pof を .rbf に変換できます。

 

PFL を使用してFPGAを設定し、PFL ではなく外部 CPU またはフラッシュ ROM 書き込みプログラムによって CFI フラッシュメモリーに設定データを格納する場合、ファースト・パッシブ・パラレル (FPP) またはパッシブ・シリアル (PS) 用の .pof ファイルを作成し、次のコマンドで変換する必要があります。

 

1) 次のコマンドラインを使用して .pof を .fpgout に変換します。

 

quartus_cpf -c .pof .jp

 

 

2) (1) で作成された .fpgosout を .rbf に変換するには、nios2-elf-Nios® II Command Shell のコマンドを使用します。

 

nios2-elf-4xcopy I< O バイナリー<>..rbf

 

nios2-elf-toolcopy コマンドの詳細については、NIOS II コマンドラインツール(PDF)を参照してください

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。