記事 ID: 000084281 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2014/04/15

UniPHY DDR3 IP は、いつ SSTL-15 クラス II の I/O 規格を使用しますか?

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    UniPHY DDR3 PHY 設定タブの「メモリー・クロック周波数」パラメーターが 800MHz 以上に設定されている場合、デフォルトの DDR3 インターフェイス信号 I/O 規格は SSTL-15 クラス II に設定され、ドライブ強度が向上します。メモリー・データパスとクロック信号には、キャリブレーションによるシリーズ 25 オームの出力終端割り当てがあります。

    これらのアサインメントは、解析と合成後に、_p0_pin_assignments.tcl ファイルを実行する、標準サポートされるフローで適用されます。

    解決方法

    DDR3 インターフェイスのシグナル・インテグリティーを検証するために、ボードレベルのシミュレーションを実行することを推奨します。

    関連製品

    本記事の適用対象: 4 製品

    Stratix® V E FPGA
    Stratix® V GT FPGA
    Stratix® V GX FPGA
    Stratix® V GS FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。