記事 ID: 000084263 コンテンツタイプ: 製品情報 & ドキュメント 最終改訂日: 2012/09/11

Nios®開発ボード上の AM29LV128 フラッシュデバイスの RY/BY ピンを、Stratix II アプリケーションから II エディションStratix®監視するにはどうすればよいですか?

環境

  • インテル® Nios® II プロセッサー
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細 Nios開発ボード上で実行されているデザイン内でフラッシュデバイスの RY/BY 出力を使用するには、Stratix II エディションを以下の手順に従ってください。

    1. \examples\\にあるconfig_controller・デザインに入力ピンを追加します。
    2. EPM7128 デバイスの位置 35 に新しい入力ピンを割り当てます。
    3. インテル® Quartus® II ツールでデザイン 再コンパイルします。EPM7128 デバイスは、フラッシュの RY/BY ピンへの接続をトライステートします。
    4. 上記の手順で生成された POF ファイルを使用して、Stratix II ボード上の EPM7128 デバイスをプログラムします。
    5. Stratix II ボードをターゲットとする Quartus® II デザインを開きます。
    6. アサインメント・エディターにアクセスして、RY/BY ピンに「Weak Pull-up Resistor」オプションを追加します。

    上記の手順を実行すると、Stratix II デザインのフラッシュの RY/BY 出力にアクセスできます。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    Stratix® II FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。