記事 ID: 000081885 コンテンツタイプ: エラーメッセージ 最終改訂日: 2021/08/28

エラー (21075): [-40 C,100 C]の接合部温度範囲の値が、現在選択されているパーツでは不正です。

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    Quartus® II ソフトウェア・バージョン 13.1 では、インテル® Quartus® II ソフトウェアの以前のバージョンで作成された工業温度範囲で max® V デバイスを対象とするデザインをコンパイルすると、このフィッターエラーが発生する場合があります。

    インテル® Quartus® II ソフトウェア・バージョン 13.0 SP1 以前は、Max® V デバイスの産業用温度範囲をサポートしています。インテル® Quartus® II ソフトウェア・バージョン 13.1 以降、MAX V デバイスは拡張温度範囲のみをサポートしています。

    解決方法

    このエラーを回避するには、インテル® Quartus® II ソフトウェアの新しいバージョンでコンパイルする前に、Quartus 設定ファイル(.qsf)で次の設定を変更してください。

    差出人:

    set_global_assignment -name MAX_CORE_JUNCTION_TEMP 100

    宛先:

    set_global_assignment -name MAX_CORE_JUNCTION_TEMP 125

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    MAX® V CPLD

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。