記事 ID: 000081146 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

GPIO 特性評価中に、13.0 Quartus® II ソフトウェアがCyclone V および Arria V デバイスに不正な RT 値を提供

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

    クリティカルな問題

    詳細

    このデバイスの汎用 I/O (GPIO) 特性評価の際に、 V デバイスとArria® V デバイスCyclone®、デフォルト RTadjust[3:0] 値 Quartus® II ソフトウェアは 0000 です。この値は次を提供しません。 指定範囲内の適切な RT 値を指定してください。

    解決方法

    この問題は、13.1 Quartus® II ソフトウェアのリリースで修正されています。

    13.0 Quartus® II ソフトウェア・リリースのすべての VCCIO について、変更 を RTadjust[3:0] 1111 に設定すると、より正確な VCCIO 2.5V、RT=50 分の 1 を除くすべての VCCIO レベルの RT 値。対象: VCCIO 2.5V、 RTadjust[3:0] 値を 0001 に変更 を RTMULT 010 とすると、大きなばらつきが軽減されます。

    関連製品

    本記事の適用対象: 2 製品

    Arria® V FPGA & SoC FPGA
    Cyclone® V FPGA & SoC FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。