記事 ID: 000080945 コンテンツタイプ: エラーメッセージ 最終改訂日: 2021/08/28

致命的なエラー: セグメント違反: faulting address=0xfffffff4d88b0e54、PC=0x7fb0428d2e23: 0x7fb0428d2e23: fitter_fdrgn!FDRGN_PERIPHERY_CORE_PLACEMENT::p ublish_routing_to_crf(QGL::FOREST がCDB_RE_R

環境

  • インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション・バージョン 20.2 の問題により、Fitter Plan の段階でこのエラーが表示されることがあります。この致命的なエラーは、[外周からコアへの配置と配線の最適化] 設定が有効になっている場合に発生する可能性があります。

    解決方法

    インテル® Quartus® Prime Edition Pro ソフトウェア・バージョン 20.2 でこの問題を解決するためのパッチが利用可能です。 下記の該当するリンクから Patch 0.15 をダウンロードしてインストールします。

    Windows 用 Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション 20.2 Patch 0.15 インテル® Quartus®パッチのダウンロード (.exe)

    Linux* 用 Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション 20.2 Patch 0.15 インテル® Quartus®パッチのダウンロード (.run)

    readme for インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション 20.2 Patch 0.15 (.txt) をダウンロードする

    この問題は、インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディションバージョン 20.3 で修正されています。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    インテル® Arria® 10 FPGA & SoC FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。