記事 ID: 000080715 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/27

full_case合成属性を持つステートマシンが正式な検証の不一致を生じるのはなぜですか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

case ステートメントのヘッダーにfull_case合成属性を適用すると、ツールは未指定の状態を「気にしない」値として解釈するように指示します。 インテル®Quartus® II ソフトウェアは、追加のロジックを推論して「気にしない」状態を表します。この追加ロジックは、正式検証ツールによって推論されるロジックとは異なる場合があります。その結果、正式な検証の不一致が生じます。

不一致を克服するには、ステートマシン内のすべての状態を定義 します。

ステート・マシン・コーディング・ガイドラインの詳細については、Quartus® II ハンドブック 第 1 巻の 推奨 HDL コーディング・スタイル (PDF)の章を参照してください。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

Stratix® FPGAs

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。