記事 ID: 000080487 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/02/05

タイミング・アナライザーの -force_dat オプションを使用してタイミング分析を実行する際、ホールドスラックの違いはなぜですか?

環境

  • インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

    クリティカルな問題

    詳細

    インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション バージョン 20.1 および 20.2 の問題により、ハイパフォーマンスまたは優れたパフォーマンス・コンパイル・モードのいずれかを使用する場合、インテル® Stratix® 10 デザインでホールドスラックの違いが見られます。これは、コンパイラーの最適化作業中に発生するタイミングアークが欠落しているためです。

    解決方法

    まだプロジェクトのデザイン段階で、バージョン 20.1 または 20.2 インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション使用しているが、最新バージョンに移行できない場合は、以下のリンクからパッチダウンロードしてインストールします。 パッチをインストールしてデザインを再コンパイルします。 

    バージョン 20.1 または 20.2 インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディションをターゲットにしていて、プロジェクトが終了して生産段階にあるものの、最新バージョンに移行できない場合は、影響評価と各コンパイルに必要な措置について、以下の手順 (1) から (3) を実行してください。

    1) このスクリプトをプロジェクトフォルダーに ダウンロード し、 missing_hold_timing_arc.tcl

    2) コマンドラインからこのコマンドを 実行 します。

    quartus_sta –t missing_hold_timing_arc.tcl –proj [-rev ]

    3) スクリプトは、次の 4 つの出力のうち 1 つを返します。対応する手順に従ってください。

            i) デザインを再コンパイルする必要があります。インテル Quartus Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション v20.1 用のパッチ 0.30 をインストールして再コンパイルします。

    ii) デザインを再コンパイルする必要があります。インテル Quartus Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション v20.2 用のパッチ 0.19 をインストールして再コンパイルします。

    iii) タイミング違反なし。このシードの再コンパイルは必要ありません。

    このシードは、この問題の影響を受けないが、デザインがパッチなしで再コンパイルされる場合は、スクリプトを再実行する必要があります。

    iv) インテル Quartus Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディションのこのバージョンは、パッチを適用する必要はありません。

    このメッセージは、20.1 および 20.2 以外のバージョンのインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディションにのみ表示されます。

     

    この問題は、インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション バージョン 20.3 以降で修正されています。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    インテル® Stratix® 10 FPGA & SoC FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。