記事 ID: 000079442 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

コードのオーバーランが原因でブートコピー中にシミュレーションがハングアップする

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • シミュレーション
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

    クリティカルな問題

    詳細

    ModelSim* を使用してNios II・プロセッサーをシミュレートし、システムを起動します。 シミュレーション。MAX 10 システムの場合、Nios II ソフトウェア・ビルド・ツールはブートコードを許可できます。 シミュレートされたフラッシュメモリーの使用可能な領域にオーバーフローします。この問題が発生した場合、次の シミュレーションで 10 個のオンチップ・フラッシュメモリー MAX起動すると、ブート・コピー・ツールがハングアップします。

    この問題は、Altera・オンチップ・フラッシュ IP コアが不正を提供するためです。 メモリーアドレス空間のどの領域をフラッシュとして使用できるかに関する情報 メモリ。

    解決方法

    MAX 10 オンチップの使用可能な領域にブートコードが適合していることを手動で確認する フラッシュメモリー。標準的なコードサイズの縮小手法を使用して、コードが確実に 収まる。

    または、Nios II EDS v14.0.1 以降にアップグレードしてください。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    インテル® MAX® 10 FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。