記事 ID: 000079186 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

altlvds_rxメガファンクションでrx_dpa_hold信号を使用する方法に関するガイドラインはありますか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

はい。rx_dpa_hold ポートは、移行のない拡張実行データ長がある場合に、DPA を現在の位置にロックするために使用できます。 DPA 回路が正しく機能するためには、DPA 実行長仕様に違反することはできません。 DPA 実行長の仕様については、各デバイスのデータシートを参照してください。

例えば、次の状況では、トランスミッターが0xBCBCトレーニング・パターンを送信する場所にリンクを確立する必要がありますが、レシーバーがロックを達成した後、トランスミッターは「1111.」という非常に長い実行を送信する可能性があります。

実際のデータが再度送信される際に DPA がロックから外れないためには、rx_dpa_holdを使用して、11111 または 00000 の繰り返しパターンを送信するときに DPA フェーズを選択したままにしておくことができます。

rx_dpa_hold入力ポートを使用するには、次の手順に従ってください。

1) リンクを最初にトレーニングした後にrx_dpa_holdを主張すると、DPA が既知の良好なフェーズにロックされます

2) 定数 1 または定数 0 のいずれかの静的データを送信できるようになりました。

3) 切り替えデータを送信する準備が整ったら、rx_dpa_hold

データ入力と入力クロックのフェーズが変更されると、rx_dpa_holdのデスレンスの後、DPA は新しい最適なフェーズを探します。

関連製品

本記事の適用対象: 4 製品

Stratix® III FPGA
Stratix® IV GX FPGA
Stratix® IV E FPGA
Stratix® FPGAs

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。