記事 ID: 000079125 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

Stratix IV 向けALTGX_RECONFIG MegaWizard プラグイン・マネージャーのアナログ・コントロールにより、インスタンス化されたメガファンクションが誤った使用中の動作を引き起こしている可能性があります。

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • PLL 数
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

    クリティカルな問題

    詳細

    [ALTGX_RECONFIG MegaWizard プラグイン・マネージャー] で アナログ制御TX におけるデータレート分割、 および チャネルおよび TX PLL の選択 / リコンフィグレーションを実行してから、 オン 再構成に必要なすべての単語の連続書き込みを有効にします。 インスタンス化されたメガファンクションは誤った使用中の動作を示します。

    解決方法

    アナログ制御をオンにすると、データレート TX 部門およびチャネルおよび TX PLL select / reconfig [次に必要なすべての単語の継続的な書き込みを有効にする] をオフにします。 リコンフィグレーション.[継続的な書き込みを有効にする] をオンにする リコンフィグレーションに必要なすべてのワードのうち、チャネルのみをオンにします TX PLL セレクト / リコンフィグレーションアナログ制御とデータレートをオフにする TX の部門

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    Stratix® IV FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。