記事 ID: 000078949 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

Stratix III エラー検出 CRC 機能に関して既知の問題があり、MLAB* の動作に誤りがある可能性がありますか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

はい。エラー検出 (ED) CRC 機能が有効になっていると、MLAB RAM ブロックがStratix® III デバイスで正しく動作しなくなる場合があります。影響を受けるのは、MLAB RAM ブロック内の書き込み操作のみです。MLAB ROM ブロックはこの問題の影響を受けません。

ED CRC 機能自体と CRC エラーフラグは期待どおりに正しく動作します。FPGAコンフィグレーション・ビットはこの問題の影響を受けません。

図 1 の推奨フローに従って、デザインに影響があるかどうかを確認し、問題を回避します。

図 1.推奨デザインフロー

Figure 1

デザインに影響があるかどうかを判断する方法と問題の対処方法については、Stratix III エラー検出 (ED) CRC MLAB の問題に関する詳細なソリューション (PDF)を参照してください。

以下のリンクを使用して、スクリプト、パッチ、関連する readme ファイルをダウンロードできます。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

Stratix® III FPGA

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。