記事 ID: 000078872 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/29

PCIe* 向け IP コンパイラーは、コンプライアンス・ベース・ボード (CBB) テスト中の自動コンプライアンス・モード検出をサポートしていますか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

いいえ。

CBB テストでは、ユーザーはtest_in[32]=1,test_in[6]=0 に設定し、PCIe® Gen1 および Gen2 モードをtest_in[5] ビットを使用するだけで済みます。CBB テストの実装方法を示すデザイン例は、PCIe Chaining DMA サンプルデザインおよびaltpcierd_complaince_test.v(hd) モジュールを使用して取得できます。

testin[5] ポートは 16ns 以上 24ms 未満で主張する必要があり、この要件は altpcierd_complaince_test.v(hd) モジュールを介して実装されます。

通常の動作中、ユーザーは test_in[32]=0、test_in[5]=1、test_in[6]=0 に設定する必要があります。

解決方法

以下の更新プログラムを実行します。

いいえ、PCIe* の IP コンパイラーは自動コンプライアンス・モード検出をサポートしていません。

Gen1 CBB テストでは、ユーザーは test_in[32]=1 に設定し、test_in[6]=0 する必要があります。
Gen2 CBB テストでは、ユーザーは test_in[32]=1、test_in[6]=0 に設定し、test_in[5] を使用して PCIe Gen1 および Gen2 コンプライアンス・パターンをサイクルする必要があります。


PCIe Chaining DMA サンプルデザインには、CBB テスト用のロジックを実装する方法を示すモジュールが含まれています。 このモジュールの名前は altpcierd_compliance_test.v(hd) です。

test_in[5] ポートは 16ns 以上 24ms 未満で表明する必要があり、この要件は altpcierd_complaince_test.v(hd) モジュールを介して実装されます。

通常の動作中は、test_in[32]=0、test_in[5]=1、test_in[6]=0 に設定する必要があります。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。