記事 ID: 000078522 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

MAX II デバイスでインシステム・プログラマビリティー (ISP) クランプ機能を使用する場合、特定のピンにトライステート値が割り当てられている場合、内部の弱いプルアップ抵抗が有効になりますか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細 ISP クランプ機能を使用すると、内部の弱いプルアップ抵抗は常に無効になります。ISP クランプ機能を使用して アサインメント・エディターまたは I/O ピン状態ファイル(.ips)を使用してピンを「トライステート」に設定すると、内部の弱いプルアップ抵抗は有効にされません。 特定のピンの場合。 ISP クランプ機能を使用していない場合、ISP 中にすべてのピンが弱いプルアップ抵抗を有効にしてトライステートになります。.

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

MAX® II CPLD

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。