記事 ID: 000078329 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/27

lpm_counterメガファンクションを含むデザインの正式な検証中に、コンフォーマンス・レポートの不一致が生じるのはなぜですか?

環境

  • 検証
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    lpm_counterメガファンクション(aset、aclr、aload) の 2 つ以上の非同期制御信号を使用すると、lpm_counterメガファンクションを含むデザインでは、正式な検証の不一致が生じます。

    これらの不一致を解消するには、デザインをコンパイルする前に、Quartus® ® II ソフトウェアのlpm_counterメガファンクションのラッパーにブラックボックス・プロパティーを適用してください。

    コンフォーマンスを使用した正式検証の詳細については、Quartus® II ハンドブック第 3 巻のCadence Encounter Conformal Support (PDF)の章を参照してください。

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。