記事 ID: 000078320 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

GPIO 割り込み処理を行う際のセグメンテーションエラー

環境

  • インテル® Quartus® II サブスクリプション・エディション
  • Linux*

    BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

    クリティカルな問題

    詳細

    ゴールデン・システムに含まれる Linux 実装 リファレンス・デザイン (割り込み割り込み割り込みを登録しようとすると) 存在しない GPIO デバイスの場合、同様のエラーメッセージが表示されます を以下に示します。

    Unable to handle kernel NULL pointer dereference at virtual address 00000028 ... Segmentation fault

    これらのエラーは、カーネルのセグメンテーションエラーを示しています。

    解決方法

    ゴールデン・システム・リファレンス・デザインを使用して、 既存の GPIO デバイスに対してのみ割り込みを登録できます。

    または、v13.1 以降にアップグレードしてください。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    Cyclone® V FPGA & SoC FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。