記事 ID: 000078243 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2018/12/12

インテル® Arria® 10 ATX PLL ユーザーの再キャリブレーションにより、隣接するチャネルの瞬間的な TX ジッターと BER リスクが増加しますか?

環境

  • インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション
  • トランシーバー ATX PLL インテル® Arria® 10 Cyclone® 10 FPGA IP
  • BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
    詳細

    インテル® Arria® 10 デバイスでの ATX PLL ユーザーの再キャリブレーション・プロセスでは、隣接チャネルの TX ジッターと BER リスクが瞬間的に増加します。「インテル® Arria 10 トランシーバー PHY ユーザーガイド」に示されている「スキップ 6」 ATX PLL 間隔要件のルールに違反する ATX PLL の配置場所では、このエラーが発生します。影響を受ける可能性のある主なアプリケーションとプロトコルは、OTN プロトコルです。

    下の図の例を参照すると、ATX PLL A の再キャリブレーション中、通常のデータ転送モード (ユーザーモード) にある ATX PLL B でクロックされる隣接チャネルにリスクが生じます。

    1. TX ジッターが瞬間的に増加した隣接 TX チャネル。
    2. 遠端隣接 RX チャネルにおける BER リスク。

    解決方法

    この問題を回避するには、インテル® Arria 10 トランシーバー PHY ユーザーガイドの ATX PLL から ATX PLL への間隔ガイドラインに従う必要があります。間隔の要件に従うことができない場合、回避策として事前キャリブレーション IP (ユーザー別) を作成する必要があります。

    事前キャリブレーション・ソリューションは、データ・トランスミッション・モード中に別の ATX PLL によってクロックされる隣接チャネルに向かう ATX PLL のユーザーによる再キャリブレーション・プロセスを回避することです。以下の手順に従って、機能を実装してください。

    全体的な事前キャリブレーションとリロードフローは、2つの段階に分かれています。

    ステージ 1: データ・トランスミッション・モードの前に、ATX PLL の「キャリブレーション済み差分 MIF」値を保存する

    システム起動後、実際のデータ転送モードの前に 1 回実行します。

    1. ATX PLL を希望のデータレートに再構成し、「差分 MIF」情報を書き留めます。
    2. ATX PLL を再キャリブレーションします (使用されている ATX PLL のいずれか)。
    3. 事前に校正された値を記録してメモリに保存します(M20Kが可能)。
    4. 「差分 MIF」コンテンツの再構成を同じメモリ空間に記録します。
    5. 他のデータレートに再構成し、手順 2 を繰り返します。を 4 に変更します。
    6. レート切り替えが必要な他のチャネルに移動します。手順 2 を繰り返します。5に。

    ステージ 2: ダイナミック・リコンフィグレーション・プロセス中に、「キャリブレーション済み差分 MIF」の値をリロードします。

    データ転送モード中:

    1. 「Diff MIF 事前キャリブレーション済み」の値をメモリーから ATX PLL にリロードします (この手順では、ATX PLL の再キャリブレーションはスキップされます)。
    2. 通常のチャネル操作を開始します。

    メモ:

    1. リロード順序は、ATX PLL ユーザーの再キャリブレーションを避けるためです。
    2. TX/RX PMAチャネル再構成プロセスは、リロード処理の前または後に行うことができる。
    3. トランシーバー・チャネルは、リロード・シーケンス全体を通してリセット状態に保たれます。

    関連製品

    本記事の適用対象: 1 製品

    インテル® Arria® 10 FPGA & SoC FPGA

    このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。