記事 ID: 000077479 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/28

ボード設計には、Arria II GX FPGA開発キットにセンス抵抗を使用する必要がありますか?

環境

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
詳細

センス抵抗 R73 (Rsense) は、Arria® II GX FPGA開発キットの電源監視 (電流検知) の目的に使用されます。電源監視機能が必要ない場合は、このセンス抵抗をボードに搭載する必要はありません。

 

2-12: Arria II GX FPGA開発キットのリファレンス・マニュアルにある 電力測定回路 を参照してください。オンボード電圧と電流検出機能を備える 14 本の電源レールがあります。8 チャネル差動 24 ビット ADC デバイスとレールは、ADC の電圧と電流を測定するために、1 次電源プレーンから低値検出抵抗で分割されています。

 

 

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

Arria® II GX FPGA

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。