インテル® プロセッサーのパフォーマンス・プロキシーに関するよくある質問 (FAQ)

ドキュメント

製品情報 & ドキュメント

000098324

2024/03/18

プロセッサーはより複雑になりつつあり、さまざまな電力と周波数で動作する複数のコンピューティング・エンジンとコアタイプを 1 つのチップに統合しています。多くの OEM (正規機器製造元) は、インテル® Dynamic Tuning Technology (インテル® DTT) などプラットフォーム・レベルの電力および熱管理の利点を活用して、システム設計の動作を最適化して独自の体験を提供し、必要なときには高いパフォーマンスを発揮し、それ以外のときはバッテリー持続時間を最大にしています。単一のベース周波数または消費電力を使用してプロセッサーの性能を指定および評価する従来の方法は、これらの設計ポイントの範囲を反映していません。インテルは、実際のプロセッサーの動的動作をより正確に反映するよう、プロセッサーの仕様を更新しました。以下の情報は、この変更をサポートするために設計されています。

記号の または項目をクリックして詳細をご覧ください。

インテルが、プロセッサーの性能を特定のベース周波数や消費電力に限定して評価することをやめるのはなぜですか?今何が違うのですか?

プロセッサーはより複雑になりつつあり、さまざまな電力と周波数で動作する複数のコンピューティング・エンジンとコアタイプを 1 つのチップに統合しています。従来の単一仕様は、ダイナミック動作範囲と幅広いシステム機能を反映していないため、時代遅れです。インテルは、実際のプロセッサーの動的動作をより正確に反映するよう、プロセッサーの仕様を更新しました。

インテルの更新されたプロセッサー仕様はどのように解釈されるべきですか?プロセッサーの動作範囲とは何ですか?

インテルのプロセッサーは、設計上、幅広い動作電力 / 周波数範囲を備えています。インテルの新しいプロセッサー仕様は、「ベース」と「ターボ」の操作の間の周波数と消費電力の範囲を反映しており、エンドユーザーはプロセッサーの動作をよりよく反映できます。プロセッサーは、現在のワークロード需要および電力 / 熱的制約に基づいて、動作状態間をインテリジェントに移行するように設計されています。たとえば、システムがアイドル状態のときに、プロセッサは電力消費を減らしてバッテリーの寿命を最大化します。また、新しいアプリケーションが起動されると、プロセッサーは高性能状態にランプアップし、アプリケーションの起動を迅速に完了します。

パフォーマンスにとって重要なプロセッサーの仕様は、「ベース」と「ターボ」のどちらですか?

プロセッサーのあらゆる側面がパフォーマンスを左右します。

インテルは、従来のプロセッサーに似た CPU を使用して、プロセッサー内部に複数のコンピューティング・エンジンを搭載しています。主に CPU に依存するワークロードの場合、短時間のワークロードは "ターボ" 操作によってバインドされ、持続的なワークロードは "ベース" パラメーターによって制限されます。多くのワークロードは、一部の「ターボ」操作と一部の「ベース」操作が混在する傾向があります。インテル® プロセッサーは、プロセッサーのさまざまな側面を活用した魅力的なエンドユーザー体験を提供します。高性能ハイブリッド・アーキテクチャー、複数のコンピューティング・エンジン、複数の IO ポート、IP が、1 つのチップ内でリソースをインテリジェントに共有しながら、電力と周波数のダイナミックな動作範囲にわたって動作します。プロセッサーのあらゆる側面が、最終的には実環境での望ましいパフォーマンス範囲に影響します。

基本電力または基本周波数未満で動作するのは正常ですか?

はい。簡易 Web ブラウジングなどの複雑さの低いワークロードがシステムで実行されている場合、プロセッサの電力と周波数は、多くの場合、指定された基本値よりも低くなります。これは一般的な動作動作であり、ワークロードの要求が増加すると、プロセッサーはより高い動作状態に移行します。状況によっては、プロセッサーが外部ソース (Web サーバーなど) からの情報を待機しているときに、節電のために低動作状態に移行することがあります。

特定のシステム設計の選択 (サイレントモードまたはバッテリー持続時間モードなど) では、より高い動作状態を一時的に制限することにより、プロセッサーのパフォーマンスを犠牲にする場合があります。詳細については、 OEM にお問い合わせください。

システムデザインの選択がプロセッサーの動作に影響することはありますか?

はい。観察可能なプロセッサーの動作は、電流および/または温度の制限によって制限される場合があり、設計固有のものである場合があります。さらに質問がある場合は、 OEM にお問い合わせください。

エンドユーザーはプロセッサーの動作範囲を調整できますか?

プロセッサーの機能は、システム設計プロセスの一環としてのみシステムベンダーにリリースされます。システム設計ベンダーは、独自の裁量により、一部の制御をエンドユーザーに公開することを選択できます。詳細については、 OEM にお問い合わせください。

オーバークロックされたプロセッサーは、エンドユーザーに追加の制御を公開することに注意してください。

インテル® プロセッサーのブランド文字列に表示されていた基本周波数はどうなりましたか?

第 12 世代インテル® Core™プロセッサーおよびそれ以降の世代では、プロセッサー・ブランド文字列の一部として単一の基本周波数を公開しなくなりました。このことは、最新のプロセッサーのダイナミック動作範囲の広さを浮き彫りにし、この記事の前半で説明したように、電力と周波数の一点への集中を妨げます。

通知と免責事項

観察可能なプロセッサーの動作は、電流および/または温度の制限によって制限される場合があり、設計固有のものである場合があります。さらに質問がある場合は、 OEM にお問い合わせください。