記事 ID: 000089323 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/04/26

インテル® Software Guard Extensions認証サービス (インテル® SGX 認証サービス) で異なるサービス・プロバイダー ID (SPID) を使用した場合の認証エラー

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

リモート構成証明を使用する場合、すべてのクライアントはサービス・プロバイダーに割り当てられた同じ SPID を使用する必要があります。

詳細

サービス・プロバイダーとの通信は、2 つのクライアントが同じ SPID を使用して通信する場合に可能ですが、各クライアントが異なる SPID を使用している場合、認証エラーが発生します。

解決方法

リモート構成証明では、サービス・プロバイダー・アプリケーションは 1 つの SPID を取得します。そのサービス・プロバイダーを認証して通信する各エンクレーブは、そのサービス・プロバイダーの SPID を使用する必要があります。エンクレーブは、別の SPID を持つサービス・プロバイダーを認証することはできません。

追加情報

SPID を入手するには、リンク可能またはリンク解除の見積もりに登録してください。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。