記事 ID: 000088729 コンテンツタイプ: メンテナンス & パフォーマンス 最終改訂日: 2022/05/13

E810-CQDA2 を使用する場合、単一 RDMA QPS の最大帯域幅速度に達する方法

環境

Red Hat Linux 7.0*, Red Hat Linux 8.0*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

E810-CQDA2 を使用する場合、最高のパフォーマンスを発揮するには、複数のキューペア (QPs) が必要です。

詳細

E810-CQDA2 を使用すると、単一の RDMA QPS の最大帯域幅速度に達することはできません。

解決方法

E810s は、iWARP または RoCEv2 モードの 1 つの RDMA QPS (キューペア) の最大帯域幅速度に達することはできません。Columbiavilleは、複数のQSPを使用して最高のパフォーマンスを発揮するように設計されており、残念ながら単一のQPで最大の帯域幅に達することはできません。

irdma README からの引用:

-----------

パフォーマンス

-----------

RDMA のパフォーマンスは、システム、アプリケーション、またはドライバーを調整することで最適化される場合があります。

設定。

- フロー制御は RoCEv2 モードで最高のパフォーマンスを発揮するために必要で、オプションです

モードで表示されます。リンクレベル・フロー制御 (LFC) およびプライオリティー・フロー制御の両方

(PFC) はサポートされていますが、PFC は推奨されます。「フロー制御設定」を参照してください。

構成の詳細については、この文書のセクションに記載されています。

- 帯域幅アプリケーションでは、複数のキューペア (QPs) が必要です。

パフォーマンス。例えば、最も広範なスイートでは、コマンドで "-q 8" を使用します

行を 8 QP で実行します。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。