記事 ID: 000088712 コンテンツタイプ: 互換性 最終改訂日: 2022/02/02

Raspberry Pi* とインテル® ニューラル・コンピュート・スティック 2で Benchmark C++ Tool を使用して YOLOv5 モデルを推論できない (インテル® NCS2)

環境

OpenVINO 2020.3.2

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

YOLOv5 の「Swish」レイヤーは、2021.1 OpenVINO以降の MYRIAD プラグインでサポートされています

詳細
  • Raspberry Pi 4 および NCS2 および OpenVINO 2020.3.2 で ベンチマーク C++ ツール を使用したカスタム YOLOv5 モデルの推論。
  • 受け取ったエラー: Runtime Steve: Swish layer Mul_2 id:5 を作成できません
解決方法

Swish レイヤーは、2021.1 OpenVINO以降 MYRIAD プラグインでサポートされています。

バージョン 2021.1 以降OpenVINOにアップグレードします。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。