記事 ID: 000088603 コンテンツタイプ: 製品情報 & ドキュメント 最終改訂日: 2022/06/09

インテル® サーバー・ボード S2600WF ファミリーのプロセッサー装着規則

環境

インテル® サーバー・ボード S2600WF ファミリーに適用されます。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル® サーバー・ボード S2600WF ファミリーのプロセッサー装着規則

詳細

インテル® サーバー・ボード S2600WF ファミリーのプロセッサー装着規則を探す。

解決方法

シングル・プロセッサーの装着規則:

プロセッサー構成を 1 つ使用する場合、プロセッサーは「CPU_1」というラベルの付いたプロセッサー・ソケットに取り付ける必要があります。

 

デュアル・プロセッサーの装着規則:

2 つのプロセッサーを取り付ける場合、以下の装着規則が適用されます。

  • 両方のプロセッサーのコア数は同じである必要があります。
  • 両方のプロセッサーは、すべてのレベルのプロセッサー・キャッシュ・メモリーで同じキャッシュサイズを持っている必要があります。
  • どちらのプロセッサーも、同一の DDR4 メモリー周波数に対応している必要があります。
  • どちらのプロセッサーも、同一の拡張ファミリー、拡張モデル、プロセッサー・タイプ、ファミリーコード、モデル番号を備えている必要があります。
  • FPGAを持つプロセッサーとインテル® Omni-Path Fabricを持つプロセッサーを混在することはできません。
メモ

コア周波数が異なるプロセッサーは、以前のルールが満たされていることを前提として、システム内で混在させることができます。この状態が検出されると、すべてのプロセッサー・コア周波数が最低コモン金種 (最高通信速度) に設定され、エラーが報告されます。

追加情報

インテル® サーバー・ボード S2600WF システムのテクニカル・プロダクト・スペシフィケーションプロセッサー装着規則 のセクションを参照してください。

関連製品

本記事の適用対象: 42 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。