記事 ID: 000088003 コンテンツタイプ: メンテナンス & パフォーマンス 最終改訂日: 2022/07/07

YOLOv5 モデルで推論を実行する際の CPU とインテル® ニューラル・コンピュート・スティック 2 (インテル® NCS2) の精度差

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

どのようにインテル® NCS2とCPUの精度の違いを修正したか。

詳細

カスタムトレーニング済みの YOLOv5 モデルは、CPU とインテル® ニューラル・コンピュート・スティック 2 (インテル® NCS2) の間で精度が異なります。CPU はインテル® NCS2よりも高い精度を提供します。リリースノートには、MYRIADプラグインのパフォーマンスの問題が修正されたことを示しています。

解決方法

リリースノートでは、Yolo-V5 精度の修正は、検証のためにデータセットを使用してAccuracy_Checkを実行している開発者に基づいています。開発者は、畳み込みのための HW 最適化を無効にすることで、問題を正確に解決し、根本原因がネットの最初の畳み込みであることを発見しました。

リリースノートに記載されている MYRIAD プラグインの Fixed Yolo-v5 の精度は、上記の問題を修正した点に基づいています。

追加情報

 

 

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。