記事 ID: 000087957 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/08/03

インテル® Inspectorを使用してOpenVINO™画像分類非同期 C++ サンプルを実行する際にメモリーリークの問題が発生しました。

環境

OpenVINO 2021.3、CentOS* 7

CentOS 7.3

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル InspectorでOpenVINO™ C++ サンプルを実行する際にメモリーの漏洩の問題を回避する方法。

詳細
  1. Ran OpenVINO™ 画像分類の非同期 C++ サンプルメモリーの問題を確認するためのインテル® Inspector付き。

    使用するコマンド:

    $ pwd
    /home/centos/inference_engine_cpp_samples_build/intel64/Release

    $ /opt/intel/oneapi/inspector/2021.3.0/bin64/inspxe-cl -c mi3 ./classification_sample_async -m /opt/intel/openvino_2021.3.394/deployment_tools/open_model_zoo/tools/downloader/intel/image-retrieval-0001/FP16-INT8/image-retrieval-0001.xml -i /home/centos/images -nt 8

    $ /opt/intel/oneapi/inspector/2021.3.0/bin64/inspxe-cl -report observations

  2. インテル® Inspector、メモリーの問題の詳細なレポートが生成されました。
解決方法

ベンチマーク・アプリは、推論パフォーマンスを最大化するためのリファレンスとして使用されました。ベンチマークアプリにはレイテンシー統計に関していくつかのコードがありました。

コードの関連するスニペットを削除すると、メモリが安定します

追加情報

inferRequestsQueue クラスではプライベート std::vector_latencies を使用しbenchmark_appアプリケーションをストレステストに使用することは推奨しません。これは、すべてのレイテンシー値を収集し、レイテンシーの中央値を計算します。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。