記事 ID: 000087498 コンテンツタイプ: インストール & セットアップ 最終改訂日: 2022/11/02

Aptio V BIOS を使用したインテル® NUCでのスプラッシュ・スクリーン・イメージのカスタマイズ方法

環境

OS Independent family

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

Aptio V BIOS を使用してインテル® NUCでデフォルトのスプラッシュ・スクリーン・イメージを変更する方法。

詳細

BIOS スプラッシュ・スクリーン・イメージをカスタマイズできません。

解決方法

iCHLogo および iFlashV ツールを使用して、スプラッシュ・スクリーンを好みのイメージに変更できます。そのためには、iCHLogo を使用して .cap BIOS ファイルを作成し、iFlashV ツールを使用してターゲット・システム BIOS を更新する必要があります。

メモ
  1. iChLogo.zip をダウンロードして解凍します。
  2. 貴社のロゴファイルが以下の要件を満たしていることを確認します。
    ファイルの種類ノート
    。Bmp
    • 16、256 および 24 ビット (16,777,216) カラーをサポート
    。Jpg
    • 再起動間隔に対応しています。
    • X 密度/ Y 密度は 1:1 にする必要があります。
    • 「プログレッシブ・エンコーディング」には対応していません
    • YUV 1:1:2 (カラー・コンポーネント・サンプリング 1:1:2) のみをサポート
    。Png
    • 8ビットのグレースケール
    • 8ビットのインデックス付きカラー
    • 8 ビット RGB カラー
    • 16 ビット RGB カラー
  3. コピー を提供します。 ロゴファイル 次のファイルを作成しました。
    1. 32 ビット・オペレーティング・システムを使用している場合は、ファイルを \iChLogo\iChLogoWin\Ia32 にコピーします。
    2. 64 ビット・オペレーティング・システムを使用している場合は、ファイルを \iChLogo\iChLogoLnx\X64 にコピーします。
  4. ダウンロード を提供します。 CAP BIOS ファイル カスタマイズしたい ダウンロード・センター そして コピー ので、この問題を解決 対応するフォルダ:
    1. 32 ビット・オペレーティング・システムを使用している場合は、ファイルを \iChLogo\iChLogoWin\Ia32 にコピーします。
    2. お使いのシステムの 64 ビット オペレーティング・システムにファイルをコピーします:\iChLogo\iChLogoLnx\X64

      インテル® NUC 10 パフォーマンス・キットのフォルダー構造例 - NUC10i5FNK および Windows* 10、64 ビット。

      Screenshot

  5. 開く を提供します。 管理者特権コマンド・プロンプト をクリックし、フォルダに移動します。管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。
    1. Windows キーをします。
    2. 検索ボックスに「cmd.」 と入力 します。
    3. コマンドプロンプトアプリ右クリックして、[管理者として実行] を選択します。
    4. [はい] をクリックして、Windows コマンドプロンプトを管理者として実行します。
  6. 次のコマンドを実行します: iChLogo /i /o /r /f
    このコマンドは、カスタムロゴを含む新しいカプセルファイル (.cap ファイル) を生成します。新しいカプセルファイルが生成されると、変更を有効にするために、対象システムの BIOS をアップデートする必要があります。
  7. インストール先のコンピューターで iFlashV.zip ダウンロードして解凍します
  8. 作成したカプセルファイルを対応するフォルダーにコピーします (\iFlashV\iFlashVWin\X64\ など)
  9. 管理者特権のコマンドプロンプトき、上記のフォルダーに移動します。
  10. iFlashV /k1を実行 します (BIOS を点滅させることなく、スプラッシュ・スクリーンを新しいイメージに更新します)。
  11. 再起動 すると、BIOS のスプラッシュ画面が更新されます。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。