記事 ID: 000087259 コンテンツタイプ: メンテナンス & パフォーマンス 最終改訂日: 2023/01/03

最高のパフォーマンスを得るためにインテル® RAIDカードをどこに取り付けるのですか?

環境

インテル® サーバー・ボード S2600STBR インテル® RAID Adapter RSP3TD160F インテル® Xeon® Silver 4215R プロセッサー x 2 (11M キャッシュ、3.20 GHz) NVMe ドライブは使用しません

OS Independent family

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

PCIe* スロットのパフォーマンス情報を提供

詳細

インテル® RAID Adapter RSP3TD160F を 2 x インテル® Xeon® Silver 4215R プロセッサー (11M キャッシュ、3.20 GHz) を使用して、インテル® サーバー・ボード S2600STBR にインストールする方が適切なポートを確認できません。

解決方法

インテル® サーバー・ボード S2600STBR の PCIe* スロットの一部は x8 (最小) で、インテル® RAID Adapter RSP3TD160F も x8 であるため、PCIe* スロットはすべてこの技術仕様に適合する必要があり、カードは PCIe* リビジョン 3.0 によって確立された完全なデータ帯域幅で実行されます。

さらに、最高のパフォーマンスを提供するスロットは、最高のエアフローを備えたスロットであり、フロントからバック方向、システムを通過し、過熱を防ぎ、システムが最高のパフォーマンスで動作することを可能にします。

E.4 という名前のセクション で。 インテル® サーバー・ボード S2600ST ファミリーのテクニカル・プロダクト・スペシ フィケーションからのシステム容積式エアフローは、リニア・フィート/ 分 (LFM) の PCIe スロットによるエアフローの音響およびパフォーマンス測定を含む次の表を示しています。

BIOS システム音響構成による PCIe スロットによるエアフロー (LFM)

 スロット 1スロット 2スロット 3スロット 4スロット 5スロット 6
P4304XXMUXX200200200200250250
P4304XXMFEN2100150150150100100

BIOS システム・パフォーマンス構成による PCIe スロットによるエアフロー (LFM)

 スロット 1スロット 2スロット 3スロット 4スロット 5スロット 6
P4304XXMUXX250300300350350350
P4304XXMFEN2150200200200150150

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。