記事 ID: 000060193 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/07/29

Windows* ディスクの管理で RAID ボリュームが見つかりませんが、インテル® RSTはすべてのディスクに表示されます。

環境

Windows® 10, 64-bit*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

RAID 認識の問題に関するトラブルシューティングの推奨事項

詳細

[ディスクの管理] で RAID 5 のステータスを確認すると、ボリュームがありません。ただし、インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) では、すべてのディスクが表示されます。

解決方法

利用可能な情報が、Windows* ではなくインテル® RSTですべてが正常であることを示している場合、インテル® RSTの問題ではなく、失敗したボリュームの早期兆候である可能性があります。

ディスクとアレイが正常かどうかを確認するには、 検証 修復を行うことを推奨します。

手記

試す前にすべてのデータがバックアップされていることを確認します。

 

ボリューム機能の検証と修復

RAID ボリューム検証機能は、RAID 0、RAID 1、RAID 5、または RAID 10 ボリューム上の不整合や不良データを特定し、RAID ボリュームのデータ検証中に検出されたメディアエラーのある不整合の数またはブロック数を報告します。

検証プロセスが完了すると、確認エラーの数、修復された検証エラー、検出されたメディアエラーのブロックが表示されるダイアログが表示されます。

RAID ボリュームデータの検証を開始するには、以下の手順に従ってください。

  1. [ステータス] または [管理] で、ストレージ・システム・ビューで検証操作を実行する RAID ボリュームをクリックします。ボリュームのプロパティが左側に表示されるようになりました。
  2. [詳細設定] をクリック、[検証] をクリックします
  3. RAID 0 では、[検証] をクリックすると検証プロセスが開始されます。RAID1、5、10、リカバリーボリュームでは、検証プロセス中に自動的に検出されたエラーを修復するために、チェックボックスオプション付きのダイアログボックスが表示されます。修復を実行する場合は、このボックスを選択し、[検証] をクリックします
  4. 確認の進捗状況が [ステータス] に表示されます。
  5. 検証プロセスが完了し、ボリュームのステータスが標準に設定されたら、[ステータス] または [管理] のボリュームをクリックできるようになりました。左側の [詳細] にあるボリュームのプロパティで、検証エラーの数、修復された検証エラー、検出されたメディアエラーのブロックを表示できます。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。