記事 ID: 000060050 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/07/28

サポート中にインテル® バーチャライゼーションがシステムで無効になっているのはなぜですか?

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

ハードウェア仮想化拡張機能に対するアプリケーションの依存性とソフトウェアの選択方法について説明します。

詳細

インテル® プロセッサーの仕様ページには、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT-x) がサポートされているが、システム上で仮想化関連のコマンドを実行できないことが記載されています。

解決方法

多くの仮想化アプリケーションは、最新のプロセッサーで利用可能なハードウェア仮想化拡張機能に依存しています。インテル VT-x および AMD-V* が含まれています。一度に 1 つのソフトウェア・コンポーネントしかこのハードウェアを使用できません。これは設計上の問題です。 仮想化アプリケーション間でハードウェアを共有することはできません。

その他の仮想化ソフトウェアを使用するには、Hyper-V ハイパーバイザー、* デバイス・ガード*、およびクリデンシャル・ガード* を 無効にする 必要があります。

Hyper-V が実行されているかどうか、および Hyper-V ハイパーバイザーを無効にする方法を確認するには、Hyper-V ハイパーバイザーが実行されているかどうかを確認するを参照してください

関連製品

本記事の適用対象: 66 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。