記事 ID: 000059809 コンテンツタイプ: エラーメッセージ 最終改訂日: 2022/04/13

「Asserted Power Supply (PSU) 冗長性|の回避方法非冗長: 冗長エラーで十分

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

システムが電源 (PSU) の冗長性の問題を報告する際の手順

詳細

システム・イベント・ログ (SEL) は、次のイベントログを報告します。

Power Supply PSU Redundancy | Non-Redundant: Sufficient from Redundant | Asserted

解決方法

次のようにノードの電源をリセットします。

  1. システムをシャットダウンします。
  2. 電源コードをいてください。
  3. 約 10 秒待ってから電源コードをし込みます。
  4. システムを再起動します
  5. 電源ユニットを交換して、ユニットの後にエラーがあるかどうかを確認します。
  6. 電源プラグを PSU1 から PSU2、PSU2 から PSU1 に交換して、電源プラグに問題があるかどうかを確認します。
  7. 部分的に削除 PSU (まだスロットに入っていますが、接続されていません) と プラグイン 次に電源ケーブル チェック LED ステータス:
    1. 緑色の点滅 - > 良好な電力
    2. Amber -> Bad PSU
    3. LED なし -> 電源ケーブルからの電源なし

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。