記事 ID: 000059563 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/09/22

[非アクティブなアプリケーションを表示] 機能をオンに設定すると、コントロール センター アプリインテル® Killer™クラッシュします。

環境

Killer® E2400 ギガビット・イーサネット・コントローラー ドライバーのバージョン: "9.0.0.50" Killer コントロール・センター・ソフトウェア 2.4.3337.0 (最新の DC) Dell XPS 8930 BIOS バージョン: 1.1.16

Windows® 10, 64-bit*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

[プライオリタイゼーション・エンジン] タブの [非アクティブなアプリケーションを表示] 機能をオンにインテル® Killer™、コントロール・センターでフリーズおよびクラッシュの問題に関する情報。

詳細

優先順位付けエンジン タブ で [非アクティブなアプリケーションの表示 ] 機能をオンに設定すると、インテル® Killer™ コントロール センター アプリがフリーズしてクラッシュします。

次に、起動直後にアプリがクラッシュするので、問題を停止するためにオフに戻することはできません。

解決方法

インテル® Killer™・コントロール・センターのクリーン・インストールを実行します。クリーン・インストールを実行する際、ソフトウェアをアンインストールする際に、以下のパスが正しくクリアされていることを確認してください。

"C:\Program Files\Killer Networking\Killer Control Center\".

そこには user.xml という名前のファイルがあります。まず、ソフトウェアをアンインストールしてから再インストールし、user.xml ファイルが再作成されていることを確認します

問題が解決しない場合は、問題を再現し、システムでさらなる分析のためにクラッシュが発生した時から「user.xml」ファイルのコピーをインテル・® カスタマー・サポートに提供してください。インテル・カスタマー・®サポートに送信する前に、ファイルにデータが保存されていることを確認してください。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。