記事 ID: 000059326 コンテンツタイプ: エラーメッセージ 最終改訂日: 2023/04/10

AMT をアクティブにすると、次のエラーが発生します。"Exit with code 75: Details: このインテル® AMT デバイスのリモート構成を完了できませんでした。インテル® AMT デバイスへの初回接続に失敗しました。TCP エラーが発生しました..."

環境

インテル SCS GoDaddy からのリモート構成証明書を使用して構成されたデータベース・モードでインストールされます。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

クロス署名証明書が正しく設定されていることを確認するガイダンス

詳細

いくつかのエラーコードが、無効なルート証明書に関連している可能性があります。エラーの 1 つは次のとおりです。

コード 75 で終了: 詳細: このインテル® AMTデバイスのリモート構成を完了できませんでした。インテル® AMT デバイスへの初回接続に失敗しました。TCP エラーが発生しました。宛先設定が正しく、ターゲットに対するネットワーク接続が存在することを確認します。

発生する可能性のある別のエラー:

このインテル® AMT デバイスのリモート構成を完了できませんでした。WS-Management コール GetAmtVersion (CIM_SoftwareIdentity.Get) の呼び出し中に失敗しました。インテル® AMT 接続エラー 0xc000521f: SSL エラーが発生しました。該当する場合、ユーザー名とパスワード、および PSK または証明書の設定を確認します。PKI 設定の有効な証明書が見つかりません。

これらは、さまざまな証明書の問題に関連するエラーの例です。この特定の場合、リモート構成証明書は、インテル® AMT ファームウェアに適したハッシュを持たないルート証明書にチェーンされています。

解決方法

証明書の問題 (この場合はクロス署名) に関連する可能性のあるエラーの 1 つは、エラー 75 の無効な PKI 証明書です。

リモート構成証明書は、頻繁に、インテル AMT ファームウェアにないルート証明書にチェーンされています (認証局 (CA) が購入または別のパブリック CA とマージされたことが原因である場合があります)。リモート構成証明書を検証するには、インテル AMT ファームウェアのルート証明書に証明書を分岐するために、チェーン内の中間証明書を挿入する必要があります。

正しい中間ルート証明書を取得する最も効率的で効果的な方法は、お客様が発行元の CA に戻って、有効なルート証明書までチェーンする中間クロス署名証明書を要求することです。

クロス署名証明書の例は、次のとおりです。

verisign G5 Root Example.gif

Baltimore root EV.gif

Baltimore root OV.gif

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。