記事 ID: 000058945 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2023/05/30

WIFI 経由でインテル® EMAをプロビジョニングする方法

環境

インテル® エンドポイント・マネジメント・アシスタント (インテル® EMA)

Windows® 10 family

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

WIFI によるプロビジョニングを完了するためのガイド / 手順。

詳細

WIFI 接続を使用してシステムのプロビジョニングを完了するための問題。

解決方法

WLAN によるプロビジョニングでは、AMT MEBx に PKI DNS サフィックスの値を挿入するには、各システムに物理的な接触が必要です。これは、LAN ネットワーク DNS サフィックスがプロビジョニング証明書と一致することを保証することに匹敵します。MEBx の PKI DNS サフィックスの値が証明書と一致する場合、ネットワーク DNS サフィックスは無視されます。この方法は、AMT LAN (イーサネット・ポート付き) と LAN レス (ワイヤレスのみ) システムの両方で機能します。

  1. ログイン MEBx (デフォルトのパスワード = admin)
    1. MEBx にアクセスするには、OEM ガイダンスを参照してください。
    2. 初めてログインする場合、パスワードの変更が必要です。
  2. インテル® AMT構成 -> リモートセットアップと設定 -> TLS PKI -> PKI DNS サフィックス
    1. PKI DNS サフィックスメニューが利用できない場合、AMT は現在設定されています。
    2. インテル® AMT構成 ->未構成ネットワーク・アクセス - >フル・プロビジョニング解除に戻
  3. プロビジョニング証明書に一致する PKI DNS サフィックスの値を入力します。
    1. 例えば、 Intel.com (引用符なし)
  4. 終了 して 保存
  5. インストール・ガイド (インテル® EMA管理および使用ガイド バージョン 1.4.0 セクション 1.2.7) に従ってクライアントを通常通りにプロビジョニングします。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。