記事 ID: 000058858 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/06/17

サーバーにインストールされているプロセッサーの数に応じて、インテル® RAID Controllerを接続する PCIe* ポートはどれですか?

環境

インテル® サーバー・シャーシ P4304XXMUXX インテル® サーバー・ボード S2600STBR インテル® Xeon® Silver 4210R プロセッサー (1 つまたは 2 つのプロセッサー構成)

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

サーバー・ボードに取り付けられているプロセッサーの数に応じた、インテル® サーバー・ボード S2600ST ファミリーの PCI Express* 構成。

詳細

サーバーが 1 つのプロセッサー構成で検出していないので、接続する必要があるモードと PCIe* ポートを確認できません。

解決方法

PCIe* アドイン・カード・サポート というセクションでは、どの PCIe* 3.0 が各プロセッサーによって制御されているかを説明しています。

PCIe 3.0 ポート #5 または #6 は CPU #1 で処理され、サーバーは 1 つのプロセッサーが取り付けられた場合にのみアドインカードを検出できるので、使用します。

PCIe 3.0 ポート #1 ~ #4 は CPU #2 で処理され、サーバーは 2 つのプロセッサーを取り付けた後にアドインカードを検出できるため、使用します。

  • スロット 1: CPU2 が処理する PCIe* 3.0 x8 (x8 エレクトリカル)
  • スロット 2: CPU2 が処理する PCIe* 3.0 x16 (x16 エレクトリカル) (ライザー対応)
  • スロット 3: CPU2 が処理する PCIe* 3.0 x8 (x8 エレクトリカル)
  • スロット 4: CPU2 が処理する PCIe* 3.0 x16 (x16 エレクトリカル)
  • スロット 5: CPU1 が処理する PCIe* 3.0 x8 (x8 エレクトリカル)
  • スロット 6: CPU1 (ライザー対応) が処理する PCIe* 3.0 x16 (x16 エレクトリカル)

 

PCIe* ポートとその基準数を見つけるための図の画像:

さらに、「ライザーカードサポート」というセクションも含めることができます。

PCIe* スロット 2 および 6 はどちらもライザーカードに対応しています。各 x16 ライザースロットは、標準 x16 PCIe* コネクターのピン配列をサポートし、また 2 つの 100MHz クロックと Riser_ID ビットを備えています (システム BIOS にリンク幅情報を提供)。指定されたライザースロットはそれぞれ、以下の PCIe* アドインカード・スロット構成でライザーカードをサポートできます。

  • x16 ライザー 、 PCIe* スロット x 4 x 2
  • x16 ライザー ( PCIe* スロット x 4 x 1、PCIe* スロット 1 基搭載)
  • x16 ライザー 、 PCIe* スロット x 8 x 2
  • x16 ライザー ( PCIe* スロット x 16 x 1)
メモ互換性のある PCIe カードのリストについては、インテル® S2600ST 製品ファミリー構成ガイド を参照してください。
追加情報

関連トピック:

セクション 6.2「PCIe アドインカードのサポート」の S2600STBR テクニカル・プロダクト・スペシフィケーション

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。