記事 ID: 000058790 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/04/26

エラー: "GLFW エラー 65542: WGL: OpenGL をサポートするようにドライバーが表示されない" Minecraft を起動するときに

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

エラー 65542 を修正するためにドライバーを更新する方法について説明します。

詳細

Minecraft を開くと、画面に次のエラーメッセージが表示されます。

GLFW エラー 65542: WGL: ドライバーが OpenGL をサポートしていないようです。

解決方法

内蔵グラフィックスのみを搭載したシステムの場合:

  1. 最新のグラフィックス・ドライバーをダウンロードします。詳細については、「Windows 10 および Windows® 11* にインテル® Graphics Driverをインストールする方法」を参照してください。
  2. ドライバーをインストールした後でデバイスを再起動します

問題が解決しない場合は、OEM (正規機器製造元) にお問い合わせください

メモコンピューターの製造元に問い合わせのうえ、コンピューターの製造元から提供されたドライバー・ソフトウェアを使用して、インストールの互換性が損なわれないようにすることをお勧めします。インテルは、一般的な目的で汎用バージョンのグラフィックス・ドライバーを提供しています。コンピューターの製造元によっては、グラフィックス・ドライバー・ソフトウェアまたはソフトウェア・パッケージの機能の変更、カスタマイズの組み込み、その他の変更が行われた可能性があります。

デュアル・グラフィックス・カードを搭載したシステムの場合: 拡張グラフィックス・カードとは、ゲーム用に OpenGL をレンダリングするカードです。OpenGL は、2D および 3D ベクトル・グラフィックスをレンダリングするためのクロス言語、クロスプラットフォーム・アプリケーション・プログラミング・インターフェイス (API) です。

  • GPU ベンダーまたは製造元から最新グラフィックス・ドライバーをダウンロードしてください。

問題が解決しない場合は、OEM (正規機器製造元) にお問い合わせください

関連製品

本記事の適用対象: 91 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。