記事 ID: 000058240 コンテンツタイプ: エラーメッセージ 最終改訂日: 2023/06/21

HDDL カードを使用して、OpenVINO アプリ・コンテナーと高密度ディープラーニング (HDDL) デーモンコンテナーを実行できません

環境

インテル® Xeon® D-2183IT プロセッサー @ 2.20GHzUbuntu* ベースのコンテナーと、OpenVINO 2020 R4 (4.287)CentOS* ベースのコンテナをベースに、OpenVINO 2020 R4 上で HDDL-デーモンを実行 (4.287)

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

HDDL カード上で実行するように、OpenVINO アプリ・コンテナーと HDDL デーモン・コンテナーを構成する方法

詳細

HDDL カードを使用して、OpenVINO アプリ・コンテナーまたは HDDL デーモンコンテナーを実行する際にエラーが発生しました。

エラー: shm_open() failed: errno=2 (No such file or directory)

エラー: share memory buffer(‘hddl_9841_140599233988480_0’) mapping failed

エラー: map inputTensor failed, device10.2 taskID=1

エラー: loadTensor(1) failed, rc=-118

解決方法
  1. 使用 OpenNESS* または Kubernetes* を使用して、各コンテナーのステータスを オーケストレーション します。
  2. 管理を容易にする単一機能コンテナーを作成します。
    • OpenVINO 2020 R4 ベースのアプリ搭載 Ubuntu* ベースのコンテナー (4.287)
    • OpenVINO 2020 R4 に基づいて HDDL デーモンを実行する Ubuntu ベースのコンテナー (4.287)
  3. 同じバージョンの OS とカーネルドライバーを使用して、HDDL デーモンとOpenVINOアプリをコンパイルします。
    • インストーラー OpenVINO OS のバージョンに基づいて、HDDL デーモンに適した RPM パッケージをインストールします。
    • HDDL ドライバーは、カーネルのバージョンに基づく適切なカーネル・ヘッダー・ファイルでコンパイルされます。
    • OpenCV などのOpenVINOコンパニオン・ライブラリーは、OS とカーネルのバージョンに基づいてプリコンパイルされます。
  4. docker ファイル内のユーザーは、ホストまたはその他の docker コンテナーで実行するユーザーと同じである必要があります。

    例: ルートユーザーは HDDL デーモンコンテナーで使用されるため、OpenVINOアプリ・コンテナーでもルートを使用する必要があります。

  5. コンテナ内で HDDL を実行するための引数:
    • アプリ コンテナー OpenVINO:
      --ipc=“host”
      -v /var/tmp:/var/tmp

    • HDDL デーモンコンテナー:
      --ipc=“host”
      -v /var/tmp:/var/tmp
      --privileged
      [--device=/dev/ion:/dev/ion] or [-v /dev:/dev]

追加情報

共有メモリーやその他のエラーは、OpenVINO アプリと HDDL デーモンが異なるバージョンの OS とカーネルドライバーを使用する場合に発生します。例えば:

  • [Ubuntu* のアプリコンテナー OpenVINO]、[CentOS*の HDDL-デーモンコンテナ]
  • [Ubuntu の HDDL デーモンコンテナー] および [CentOS のOpenVINO-App コンテナー]
  • [Ubuntu のアプリコンテナー OpenVINO] のカーネルバージョンは、[Ubuntu の HDDL デーモンコンテナー] とは異なります。
  • [CentOS のアプリコンテナー OpenVINO] のカーネルバージョンは[CentOS の HDDL デーモンコンテナ] とは異なります。

OpenVINO ビジュアル・プロセシング・ユニット (VPU) プラグインは、以下のサポートされている VPU でディープラーニング・モデルの推論を可能にします。

  • インテル® ニューラル・コンピュート・スティック 2インテル® Movidius™ Myriad™ X搭載 - MYRIAD プラグインでサポートされています
  • インテル® Movidius™® VPU を使用したインテル® Vision Accelerator Design - HDDL プラグインでサポート

リファレンス・ガイド

Linux* 上のインテル® Movidius™ VPU 搭載インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットおよびインテル® Vision Accelerator Designの構成ガイド

Linux* OS のインテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットで Docker* イメージを作成 し、インテル® Movidius™ VPU でインテル® Vision Accelerator Design向け Docker* イメージを構築します。

インテル® Movidius™ VPU を使用したインテル® Vision Accelerator Designには Docker* イメージを使用

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。