記事 ID: 000057865 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/07/20

有効にするインテル® Volume Management Device (インテル® VMD) ポートを確認する方法

環境

PCIe* アドイン・カード (例: インテル® RAID Controller または インテル® Ethernet Controller

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

(インテル® Volume Management Device (インテル® VMD) ポートを有効にする必要があるを確認インテル® Virtual RAID on CPU手順インテル® VROC)

詳細
  • 有効にする必要インテル® Volume Management Device (インテル® VMD) ポートが分からない
  • インテル® Server System (インテル® Virtual RAID on CPU) インテル® VROC (NVMe* RAID) が有効になっている インテル® Server System の Windows* デバイス・マネージャーでは、インテル® RAID Controller や インテル® Ethernet Controller などの PCIe* アドインカードが検出されません。
解像度

有効にする インテル® VMD NVMe* ストレージデバイスに接続されているポートでのみ接続してください

  • ホットスワップ可能なバックプレーン (HSBP) に接続されているオンボード OCuLink ポート
  • HSBP に PCIe スイッチまたはリタイムが接続されているライザー上の PCIe* スロット

無効にするインテル VMDすべての ポートで接続します。それ以外の場合、対応する PCIe スロットまたは OCuLink コネクターは他の用途では正しく機能しません。

例: このインテル RAID Controllerが有効になっている PCIe スロットに取り付け時に、インテル VMDできません。

UEFI BIOSメニューインテル VMD設定を有効/無効にする:

  • システムの電源が入っている間に F2 キーを押します。
  • PCI 構成 - > -> -> -- を選択します

対応するライザー / スロットまたはオンボードの OCuLink ポート番号および インテル Server Board インテル Server System またはオンボードの詳細については、インテル Server Board または インテル VMD のテクニカル・プロダクト・スペック を参照してください。

たとえば、PCIe スイッチが インテル Server Board S2600WF ファミリーの中央にあるライザースロットの上部 PCIe スロットに取り付けている場合、ライザー #2 スロット#1でのみVMDポートを有効にします。

example image

Disclaimer

1

本サイトでのすべてのコンテンツの投稿および使用には、Intel.com の利用規約が適用されます。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。