記事 ID: 000057700 コンテンツタイプ: 製品情報 & ドキュメント 最終改訂日: 2024/01/29

縮尺オプションは、インテル® グラフィックス・コマンド・センターの更新後は使用できなくなります

環境

インテル グラフィックス・コマンド・センター ビルド 1.100.2765.0 以降、Windows® 10 64 ビット版

Windows® 10, 64-bit*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル® グラフィックス・コマンド・センターで拡大縮小オプションが [ディスプレイのスケーリングを維持する] と [カスタム] に制限される理由についての情報。

詳細

インテル® グラフィックス・コマンド・センター (ビルド 1.100.2765.0) を更新すると、[スケール] ドロップダウン メニューに次のオプションが表示されなくなるか、表示されません。

  • 中心
  • 伸ばして
  • 縦横比の維持

代わりに、次のオプションのみが表示されます。

  • ディスプレイ・スケーリングを維持する
  • カスタム
解決方法

選択したディスプレイで 推奨画面解像度 を使用する場合、[ ディスプレイ・スケーリングの維持] のみが表示されます。オーバースキャンを修正するために、[ カスタム スケーリング]オプションも使用できます。

メモカスタム スケーリングは、ノートブック PC の内蔵画面では使用できません。

残りのスケーリングオプション (中央揃え]、[拡大]、および [縦横比の維持]) は、サポートされている最大解像度または選択したディスプレイに推奨される最大解像度とは異なる画面解像度を選択した場合に表示されます。

ビルド 1.100.2765.0 より前は、推奨画面解像度を使用するときに [中央揃え]、[拡大]、[縦横比の維持] に切り替えても、表示に有効な変更が加えられなかったため、[推奨画面解像度] を設定するとスケーリング オプションが削除されました。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。