記事 ID: 000057279 コンテンツタイプ: 互換性 最終改訂日: 2022/07/20

インテル® グラフィックスは 10 ビットの色深度に対応していますか?

環境

Windows® 10 family

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

この記事では、インテル® グラフィックスのディープカラー 10/12 ビット対応ビデオモードに関する情報を提供します。

詳細
  • お使いのインテル® グラフィックス・®デバイスが 10 ビットの色深度のディスプレイに対応しているかどうかを確認する方法。
  • インテル® グラフィックス・コントロール・センターでは 10 ビットの色深度としてディスプレイがタグ付けされていますが、インテル® グラフィックスは Windows の高度なディスプレイ・オプションで 10 ビットの色深度をサポートしていません。
解決方法

インテル® グラフィックスは、10 ビットおよび 12 ビットの色深度 (ディープ・カラー) に対応しています。現在のインテル Graphics Driverは、デフォルトで OS 構成ごとの色深度を設定します。

また、ネイティブ HDMI 接続の場合、インテル® グラフィックス・コマンド・センター バージョン 1.100.3407.0 以降では、色深度を 10 または 12 ビットに手動で設定できます (ディスプレイでサポートされている場合)。

また、Windows HD ColorWindows* > ディスプレイの設定にアクセスして、オペレーティング・システムで HDR (高ダイナミック・レンジ) および WCG (広色域化) > を有効にして、色深度を高めることもできます。表示しようとしているコンテンツが 10 ビットの場合、フル・スクリーン・モードに切り替えると、HDR と WCC が有効になっている場合、ドライバーは自動的に高い色深度に切り替わります。これはほとんどの DirectX アプリケーションにも当てはまります。

次の表では、HDR を有効にした場合と使用しない場合の色深度の異なる 4K 対応モードについて説明します。サポートは製品ごとに異なる場合があります。詳細については、お使いの製品のマニュアルまたはデータシートを参照してください。

 8ビット
CEA* ビデオモードHDMI 1.4HDMI 2.ODP 1.2DP 1.4
2160p60 (YUV420)はいはいはいはい
2160p60 (RGB/YUV444)いいえはいはいはい
 10/12 ビット
CEA ビデオモードHDMI 1.4HDMI 2.ODP 1.2DP 1.4
2160p60 (YUV420)いいえはいはいはい
2160p60 (RGB/YUV444)いいえいいえはいはい
 HDR オンの 8 ビット
CEA ビデオモードHDMI 1.4HDMI 2.ODP 1.2DP 1.4
2160p60 (YUV420)いいえはいはいはい
2160p60 (RGB/YUV444)いいえはい1はいはい
 HDR 対応 10/12 ビット版
CEA ビデオモードHDMI 1.4HDMI 2.ODP 1.2DP 1.4
2160p60 (YUV420)いいえはいはいはい
2160p60 (RGB/YUV444)いいえいいえはいはい

ノート:

1 = 8 ビットとジザリングで実現可能。

* CEA: Consumer Electronics Association (コンシューマー・エレクトロニクス協会)

** HDMI 2.0 は、第 11 世代以降のプロセッサーおよびインテル Arc グラフィックスでネイティブにサポートされています。従来のハードウェアでは、LSPCON を介して HDMI 2.0 を実装できますが、サポートされている機能はさまざまです。詳細については、コンピューターの製造元にお問い合わせください。

LSPCON: ディスプレイポート出力から HDMI 2.0 出力を提供するのに役立ち、ボードにはんだ付けされたコンバーター・デバイスです。
 

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。