記事 ID: 000057268 コンテンツタイプ: インストール & セットアップ 最終改訂日: 2022/07/29

解像度を 1920x1080 に設定しようとすると、VIC コード 0 が無効になります。

環境

インテル® HD グラフィックス 52022.20.16.4799HDMI

Windows® 10 IoT Enterprise*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

4K 対応デバイスで1920x1080@29Hzするように解像度を調整する手順。

詳細

HDMI 出力が 3840x2160 解像度をサポートする特定のデバイスに接続されているが、出力解像度として 1920x1080 が選択されている場合、ノートブック PC は無効な VIC コード 0 で 3840x2160 29Hz の解像度を出力します。

解決方法

インテルはこの状況を調査し、正常な動作を確認しました。これは、Windows® 10 ではほとんどの場合、仮想モードが設定されているため、パネルの希望のタイミングをプログラムし、GPU またはディスプレイ・エンジン・スケーラーでソースイメージをスケールします。

EDID タイミングを設定するには、以下のオプションを試してください。

  • インテル グラフィックス・コマンド・センターの カスタム 解像度オプションを使用する
  • プロパティーの表示 -> 詳細設定 -> アダプターのプロパティー -> すべてのモードのリスト

関連製品

本記事の適用対象: 2 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。