記事 ID: 000056917 コンテンツタイプ: エラーメッセージ 最終改訂日: 2021/10/06

エラーコード - インテル® Optane™ メモリーによる高速化用ドライブのサイズ変更

概要

記載されているエラーコードの説明および問題を解決するための手順。

詳細
  • サポートされていないシステムドライブ: Last Partition Unable to Resize エラー
  • インテル® Optane™・メモリー・デバイスの管理時に表示されるエラーコード: 0xA0000002、0xA001004B、0xA001004C、0xA001004E、0xA0010053、0xA0010054、0xA0010055、0xA0010059、0xA001005D、0xA005004E、0xA005004B、0xA0050055、0xA0070008、0xA0070011
解決方法

インテル Optaneメモリーによるシステム・アクセラレーションをサポートするには、ドライブの最後に 5 MB 以上の連続した未割り当て領域が必要です。メモリーインテル Optaneメモリーモジュールとドライブを正しくペアリングするために、構成情報を格納するためにこの領域が必要です。

このエラーは、有効化中にソフトウェアがドライブ上の十分な空き領域を見つけられなかったか、システム上の何かがソフトウェアがボリュームを縮小してスペースを作成するのを妨げたことを示します。

以下の原因でこの問題が発生する可能性があります。

  • 高速化するドライブに十分な空き容量がありません。
  • ドライブの最後にロックされたパーティション、一般的にはリカバリー用パーティション。OS のアップグレード後、システムはドライブの最後にロックされたパーティションを生成することがあります。
ノート
  • 以下の手順に進む前にすべてのデータ / ファイルをバックアップしてください。
  • サードパーティー製ツールやサイトへのリンクはお客様の利便性のために提供されています。インテルは、提供されるコンテンツ、製品、またはサービスを必ずしも推奨するものではありません。インテルはサードパーティー製ツールのサポートを提供していません。
  • システムディスクの最後にあるリカバリー・パーティションが OEM (正規機器製造元) またはマザーボードのベンダーから提供されている場合は、続行する前にリカバリー用パーティションを使用することをお勧めします。

この問題を解決するには、以下の手順に従ってディスクを手動で縮小して高速化してください。

  1. Windows* キー + x キーを押して[ディスクの管理]きます。
  2. 変更するディスクの最後にあるパーティションを右クリックします
  3. ボリュームを縮小を選択します。
  4. [MB 縮小する領域を入力してください]フィールドに 5 MB を入力します。
  5. 縮小 (Shrink) キーを押します
  6. 高速化を有効にしようと試みます

このオプションが利用できない場合、パーティションがロックされている可能性があります (通常はリカバリー用パーティション)、[0xA0010053、0xA0010054、0xA0010055、0xA0050055、0xA0070011] のサイズをソフトウェアが自動的に調整することはできません。この場合、以下のいずれかのサードパーティー製ツールを使用して、パーティションのサイズを手動で変更してみてください。

アプリケーションヘルプガイド
AOMEI パーティション・アシスタント*パーティションの縮小方法に関するヘルプガイド(ケース 2)
IM-Magic Partition Resizer*パーティションを縮小する方法に関するヘルプガイド
Macro neon ディスク・パーティション・エキスパートパーティションを縮小する方法に関するヘルプガイド
追加情報

これが成功しない場合、システムがこの領域を提供できないその他の理由について、以下を確認してください。

    • 十分なスペースがありません
      • (HDD の場合)空きがない場合は、 デフラグ を選択して縮小可能な領域を作成します。
        • Windows キーを押して「デフラグ」入力しますデフラグとドライブの最適化アプリは、オプションで利用できる必要があります。
      • ドライブの容量は完全に使用されていますか?
      • サポートされていないディスクの種類 [0xA0000002]
        • インテル® Optane™メモリーによるアクセラレーションは ダイナミックタイプのドライブには対応しておらず、 ベーシックタイプのみサポートされています。詳細については 、こちらを参照してください。
      • サポートされていないパーティション構造 [0xA0010059]
        • メモリーによるアクセラレーションインテル® Optane™ MBR パーティション構造はサポートされず、GPT のみです。パーティション構造を MBR から GPT に変換する 方法については、その他のオプション を参照してください。
      • サポートされていないファイルシステム [0xA001005D]
        • 高速化するドライブとパーティションは NTFS ファイルシステムである必要があります。

      引き続きエラーが発生する場合、または追加でサポートが必要な場合は、メモリーとストレージ から サポートにお問い合わせください。

      免責事項

      1

      本サイトでのすべてのコンテンツの投稿および使用には、Intel.com の利用規約が適用されます。

      このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。