記事 ID: 000056871 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/04/18

メインモニターでグラフィックス・フレームレートが制限されている

環境

DP 対応 USB Type-C ドライバー・ファイルのバージョン: 27.20.0100.8190 インテル® UHD グラフィックス 620

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

UHD 620 は、プライマリー・ディスプレイのリフレッシュ・レート (ノートブック PC 内蔵ディスプレイは 60 Hz) に合わせて、セカンダリー・ディスプレイのフレームレート (60 FPS) を設定します (外部モニターは 144 Hz)。

詳細

外付けモニターがプライマリー・ディスプレイに設定されていない場合、テスト結果は 60 Hz のリフレッシュ・レートと 60 FPS を示します。キャプチャーでは表示されませんが、移動するオブジェクトの視覚的品質は重要です。

UHD 620 は、プライマリー・ディスプレイのリフレッシュ・レートに合わせてセカンダリー・ディスプレイのフレームレートを設定します (例えば、ノートブック PC 内蔵ディスプレイのリフレッシュ・レートが 60 Hz の場合、144 Hz リフレッシュ・レートを 60 Hz に設定する場合があります)。

さらに、ウェブブラウザーの VSYNC 同期により、外部モニターはプライマリー・ディスプレイのリフレッシュ・レートに制限されます。

 

解決方法

インテルのドライバーとインテル® グラフィックス・コマンド・センターを使用すると、垂直同期コントロールが OS に渡されます。デフォルトでは、OS は最初に起動したディスプレイと各アプリケーションを垂直同期します (最初の起動時には、プライマリー・ディスプレイに表示されることが多い)。

アプリケーションをセカンダリー (より高い仕様) モニターで起動するように設定する必要があります。そのため、垂直同期に従ってディスプレイのリフレッシュ・レートに合わせて期待されるフレームレートの目標を設定する必要があります。多くの場合、アプリケーションを 2 番目のディスプレイに移動して閉じると、このディスプレイ上でアプリケーションを閉じると、希望のディスプレイのデフォルト設定が開始されます (2 回目の実行では、以前に閉じていたモニターでアプリを起動します)。)

その代わり、 インテル® グラフィックス・コントロール・パネルを使用してテストする方法もあります。OS で垂直同期を制御する代わりに、ユーザーは垂直同期の動作を定義できます。
これを行うには、 3D > グローバル設定 > [アプリケーション最適モード] をオンにします。また、[ 3D -> アプリケーション設定] > [ユーザードライバーの設定] を選択すると、ドライバーは画像の表示と画面のリフレッシュ・レートを同期します。

関連製品

本記事の適用対象: 91 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。