記事 ID: 000055901 コンテンツタイプ: 製品情報 & ドキュメント 最終改訂日: 2023/01/05

インテル® Optane™パーシステント・メモリーを使用したメモリーモードでの DRAM キャッシュの仕組み

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル® Optane™パーシステント・メモリーを使用したメモリーモードでの DRAM キャッシュのプロセスについて説明します。

詳細
  • DCPMM のメモリーモードでは、DRAM を使用して NVM からのデータをキャッシュします。このモードでは、オペレーティング・システムは DRAM とデータの立ち退き方法を確認できますか?
  • DRAM キャッシュの仕組みすべては OS のサポートなしにハードウェアで行われますか?
解決方法

メモリーモードでは、DRAM は最も頻繁にアクセスされるデータのキャッシュとして機能し、インテル® Optane™パーシステント・メモリー (PMem) は大容量のメモリーを提供します。

キャッシュ管理操作は、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーの統合メモリー・コントローラーによって処理されます。

データがメモリーから要求されるとき、メモリー・コントローラーはまず DRAM キャッシュをチェックし、データが存在する場合、応答レイテンシーは DRAM と同じです。データが DRAM キャッシュにない場合は、レイテンシーが多少長いインテル® Optane™パーシステント・メモリーから読み込まれます。

メモリー・コントローラーよりも一貫したデータ取得パターンを持つアプリケーションは、キャッシュ・ヒットレートが高く、すべての DRAM 構成に近いパフォーマンスを発揮するはずですが、広いアドレス範囲でランダムなデータアクセスが多いワークロードでは、DRAM だけでもパフォーマンスの違いがあるかもしれません。

また、メモリーモードではデータは揮発性です。電力が失われた場合には保存されません。

永続性は App Direct と呼ばれる 2 番目のモードで有効になります。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。