記事 ID: 000055895 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2023/01/05

メモリーモードのインテル® Optane™パーシステント・メモリーが永続的でないのはなぜですか?

環境

インテル® Optane™ パーシステント・メモリー

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

メモリーモードでのインテル® Optane™パーシステント・メモリーの動作について説明します。

詳細
  1. メモリーがパーシステントでないのはなぜですか?その特性の淘依によって根絶するのか。
  2. DRAM キャッシュの仕組みすべては OS のサポートなしにハードウェアで行われますか?
解決方法

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは、不揮発性メディアをデュアル・インライン・メモリー・モジュール (DIMM) に配置し、メモリーバスに取り付ける新しいテクノロジーです。パーシステント・メモリー DIMM は、従来の揮発性メモリー DRAM DIMM と一緒に存在します。

パーシステント・メモリー DIMM と DRAM DIMM を区別する主な点は、システムがシャットダウンしたときや電力が失われると保存されたデータを保持できることです。

これにより、ハードディスク・ドライブ (HDD) やソリッドステート・ドライブ (SSD) などの永続的なストレージとして使用できますが、メモリーのようなレイテンシーを伴います。

インテル® Optane™ パーシステント・メモリー (PMem) は、インテル® Optane™ メモリー・テクノロジーに基づいており、より多くのデータを CPU の近くに保存して高速処理 (つまり「暖かい」) を実現します。PMem は、インテル® Xeon® スケーラブル・プラットフォーム・プロセッサー (コード名Cascade Lake) での使用向けに設計されています。

DCPMM は、2 レベルのメモリー・アーキテクチャーをサポートするために、DDR4 DRAM DIMM と一緒に存在します。最も高速な階層は DRAM ベースの「ニアメモリー」で、低速層は DCPMM の「ファーメモリー」です。メモリーモード、App Direct モード、または「混在モード」と呼ばれるメモリーモードと App Direct モードの組み合わせなど、さまざまなモードで使用できるようにパーシステント・メモリーを構成できます。

メモリーモードでは、パーシステント・メモリーはオペレーティング・システムの制御下で揮発性システムメモリーとして機能します。プラットフォーム内の DRAM は、パーシステント・メモリーと連携して動作するキャッシュとして機能します。

App Direct モードでは、PMem と DRAM DIMM はアプリケーションの直接読み込み / 保存制御下で独立したメモリーリソースとして機能します。これにより、PMem 容量をバイトアドレス可能なパーシステント・メモリーとして使用することができ、システムの物理アドレス空間 (SPA) にマップされ、アプリケーションが直接アクセスできます。

混在モードでは、パーシステント・メモリー容量のパーセンテージがメモリーモードで使用され、残りが App Direct モードで使用されます。

App Direct モードの容量は、App Direct 上のブロックとして使用できます。この場合、ドライバーは従来のブロック・ストレージ・インターフェイスをアプリケーションに対して透過的にサーフェスするので、変更する必要はありません。ブロックオーバー App Direct は、ブロック変換テーブルを介した書き込み最適化のコピーで実装され、パワーフェイル書き込み原子性を提供します。

それ以外の場合は、パーシステント・メモリー対応ファイルシステムを使用して、直接読み込み / 保存メカニズムを使用して App Direct 容量にアクセスするようにアプリケーションを変更できます。これはカーネルを完全にバイパスし、パーシステント・メモリーへの最短のコードパスを提供します。パーシステント・メモリーの使用とプログラミングの詳細については、 パーシステント・メモリー・プログラミング を参照してください。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。