記事 ID: 000055894 コンテンツタイプ: インストール & セットアップ 最終改訂日: 2023/01/06

インテル® Intelligent Power Node Manager を使用して、インテル® Optane™ パーシステント・メモリーのファームウェアを更新する方法

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル® Intelligent Power Node Managerでインテル® Optane™パーシステント・メモリー・ファームウェアを更新するオプション。

詳細
  • AEP デバイスの更新に利用できる [プロキシ アクセスのトリガー] コマンドがあります。インテル® Intelligent Power Node Managerに従って実装できます。AEP デバイスを更新できます。 コマンドのバイト 5 に関連して、SMBus アドレスに等しい DIMM インデックスフィールドがあります。このデバイスが 0 の場合、すべての AEP デバイスで BMC からコマンドを実行する必要がありますが、実際には実行されません。どうしてですか?
  • SMBus プロトコルは、SMBus アドレスが 0 の場合、ブロードキャストを意味します。SMbus 上のすべてのデバイスでこのコマンドを実行し、結果を返す必要があります。AEP DIMM デバイスはこのメカニズムをサポートしていますか?
解決方法

IPMIインテル® Intelligent Power Node Manager外部インターフェイス仕様を使用すると、いくつかのIPMI OEM PECIプロキシコマンドを使用するオプションがあります。これらのコマンドの下には49hコード(プロキシアクセスをトリガー)があります。パーシステント・メモリー・ファームウェアインテル® Optane™更新するために使用されます。

追加情報

SMBus は、どのメモリー・コントローラーが選択されているかに基づいて選択されます。パッケージごとに 2 つのメモリー・コントローラーがあるため、考えられる値は 0 と 1 です。

バイト 4 – 読み取り ID

  • 00h – DCPMM モジュールのメールボックス データ
  • 01h – DCPMM モジュール FW アップデート
メモDCPMM モジュール FW アップデートを使用した後、操作が成功するかどうかを確認するために読み取りコマンド(4Ah)が必須です。

その他 – 予約

  • バイト 5:N – 読み取りサブ ID
    • 測定値 ID = 00h の場合:
  • 5 バイト
    • [7] – 予約済み
    • [6] – SMBusバス識別子 - 有効な値はゼロと1です - CPUは2つのメモリコントローラをサポートし、それらのそれぞれは1つのバスに割り当てられます
    • [5:3] - DIMM インデックス (SA という名前の SMBus アドレスの 3 ビット部分)。
    • [2:0] - CPU ナンバー (0 から開始)。

インテル® SPS FW は、現在のプラットフォーム世代向けに最大 8 ソケットをサポートします。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。