記事 ID: 000055639 コンテンツタイプ: 製品の比較 最終改訂日: 2022/04/04

一部の古いノートブック PC プロセッサーが新しいプロセッサーより基本周波数が高い理由

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

さまざまな要因の組み合わせに由来する最新のインテル® プロセッサーのパフォーマンスについて説明します。

詳細

以前のノートブック PC プロセッサーの基本動作周波数は、新品と比較して高くなっています。

解決方法

プロセッサー・ベース動作周波数は、下位互換性のために指定されたレガシー・パラメーターです。最新のインテル® プロセッサーの場合、パフォーマンスは、サイクル当たりの命令数 (IPC)、プロセッサー機能、プロセス・テクノロジー、プロセッサー・アーキテクチャー / デザイン、有効なクロック速度など、さまざまな要因の組み合わせに由来します。最適なユーザー体験を実現するには、これらのさまざまな要因のバランスを取って特定のシステム設計内でパフォーマンスを最適化します。第 12 世代インテル® Core™以前の製品では Base Frequency を指定しましたが、上記の変更に照らして、異なるラインや世代のプロセッサーのパフォーマンスを比較するのに適した指標ではなくなりました。

関連製品

本記事の適用対象: 66 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。