記事 ID: 000055148 コンテンツタイプ: メンテナンス & パフォーマンス 最終改訂日: 2023/01/06

インテル® Memory Latency Checkerを使用してインテル® Optane™パーシステント・メモリーのベンチマーク方法 (インテル® MLC)

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

ドキュメントの手順やリクエストのトラブルシューティングを検索します。

詳細

インテル® Optane™パーシステント・メモリーでインテル® MLCを使用できません

解決方法

インテル® Memory Latency Checker (インテル® MLC) は、メモリーのレイテンシーと帯域幅、およびシステムの負荷が増加するにつれてどのように変化するかを測定するために使用されるツールです。また、特定のコアセットからキャッシュやメモリーまで、帯域幅とレイテンシーを測定できる、より詳細な調査のためのオプションも用意されています。

  • 行きます を提供します。 インテル® Memory Latency Checker サイトにアクセスしてツールをダウンロードします。
    • このサイトには、インストール手順とコマンドライン引数も用意されています。
追加情報

さらにサポートが必要な場合は、以下の情報を収集して インテル・カスタマー・サポートにお問い合わせください。

  1. メモリーモジュールの構成時に使用されるコマンドシーケンス。
  2. 次のコマンドを実行した結果:
    • ndctl list
    • ndctl list --regions --human (または ndctl list-Ru)
    • ndctl list -D -n namespace-id
    • ipmctl show –namespace

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。