記事 ID: 000055144 コンテンツタイプ: 互換性 最終改訂日: 2022/07/20

インテル® サーバー・システム R2000WF で ESRT2 RAID 5 と SAS HDD を構成できない理由

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル® RAID 5 と SAS HDD は、ハードウェア要件を満たしていない場合Purleyプラットフォームで正しく構成されません。

詳細

サーバーシステム R1000WF、サーバーノード HNS2600BP、サーバーボード S2600ST などのPurley・プラットフォームで ESRT2 RAID 5 と SAS HDD を適切にセットアップする正しい方法は何ですか?

解決方法

以下のハードウェア要件を満たしていることを確認します。

  1. インテル® RAID C600 アップグレード・キーを使用
  2. HSBP (ホットスワップ・バックプレーン)
    1. R2000WF 製品ファミリーおよび R1000WF 製品ファミリーについては、 インテル® S2600WF 製品ファミリー構成ガイド ページ 137 & 138 を参照して互換性のある HSBP を確認してください。
    2. S2600ST 製品ファミリーについては、 インテル® S2600ST 製品ファミリー構成ガイド 40 ページを参照して、互換性のある HSBP を確認してください。
  3. ブリッジボード
    1. HNS2600BP 製品ファミリーについては、 インテル® S2600BP 製品ファミリー構成ガイド 58 & 59 ページを参照して、互換性のあるブリッジボードを確認してください。
    2. 注 インテル® RAID: ブリッジボードが SAS HDD と RAID 5 の両方をサポートしている場合、C600 アップグレード・キーは必要ありません。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。