記事 ID: 000039236 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2023/05/10

BIOS または OS をアップデートする前に、インテル® Optane™メモリーを無効にする必要がありますか?

環境

Windows 11, 64-bit*, Windows® 10, 64-bit*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

システムのクラッシュや OS 起動の問題を回避するためにオペレーティング・システム (OS) または BIOS をアップデートする前に、インテル® Optane™メモリーを一時的に無効にする手順

詳細
  • Windows* 10 のメジャーアップデート後にシステムを起動できません。
  • BIOS アップデート後起動しない。
解決方法

os または BIOS アップデートを適用する前に、インテル® Optane™メモリーを無効にしてから、プロセスが完了したら再度有効にしてください。モジュールを無効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. インテル® Optane™ メモリー・ストレージ・マネジメント・アプリケーションにアクセスします。
  2. [インテル® Optane™ メモリー] セクションに 移動します。
  3. インテル® Optane™ メモリーを無効にします
  4. OS または BIOS アップデートを開始します。
  5. 更新が完了したら、アプリケーションから再度インテル® Optane™メモリーを 有効にします
追加情報

OS の更新が開始されると、更新プロセスを完了するためにシステムが複数回再起動します。一般的なものではありませんが、OS の更新プロセス中にシステムが再起動すると、インテル® Optane™のメモリー構成が変更される可能性があります。高速化されている HDD/SSD からデータを取り出す際にシステムが競合してシステムがクラッシュする可能性があります。

BIOS アップデートが行われると、ほとんどの場合 BIOS 設定がデフォルトに戻ります。したがって、SATA モードは AHCI に戻され、インテル® Optane™ メモリー構成と競合し、起動の問題を引き起こす可能性があります。

OS または BIOS アップデート後に起動できない場合の対処方法

インテル® Optane™ メモリーが有効になっていて起動の問題が発生している間に OS または BIOS アップデートを適用した場合、インテル® Optane™メモリーのセットアップを再構成することをお勧めします。残念ながら、インテル® Optane™メモリー高速化用に BIOS を再構成しても問題が解決しない場合は、OS を再インストールしてインテル® Optane™メモリーをフォーマットする必要がある可能性があります。システムを変更する前には、必ずデータをバックアップしてください。

追加のサポートが必要な場合は、 インテル・カスタマー・サポート にお問い合わせください。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。